2013年11月24日日曜日

カカアコの未来について Our Kakaako


アラモアナショッピングセンターの西からダウンタウンまでのエリアをカカアコ地区という。

1990年「ナウルタワー」完成以来、1999年「ハワイキタワー」、2006年「ホクア」「コオラニ」、2007年「モアナパシフィック」「909カピオラニ」、2008年「ケオラライ」、2011年「パシフィカホノルル」、次々と途絶えることなく高層住宅建物が建てられている。

今後の計画でもその傾向は勢いを増すばかりで、2015年完成予定の「ワイホヌア」やアラモアナセンター・ノードストローム駐車場上「ワンアラモアナ」も豪華なアメニティと便利な立地を誇る完成が待遠しいコンドミニアムだ
さらに、カカアコ地区ではまるでこの高層コンド建設の勢いに合わせるかのように、日本人にうれしい生活環境が整っている。徒歩圏内には日本食材を豊富に扱うニジヤマーケットがアラモアナショッピングセンター西にあり、飲食に関して日本人シェフが活躍するイタリアン・ベルニーニ、京都懐石料理・南山枝魯枝魯、鍋・一力、居酒屋・大漁など、日本人の舌にあう店が充実している。

家具を揃えるには「モアナパシフィック」にあるインスピレーションその他ベンツ・BMW・レクサス・ポルシェ・レンジローバー・アキュラなどのカーディーラーも


そんな急成長を見せるカカアコ地区で今後最も展開が楽しみな計画が間違いなく「ワード•ビレッジ2012年10ハワードヒューズ(ニューヨークからハワイなど、アラモアナやワードセンターを含み全米16州に渡りプロジェクトを抱えるデベロッパー)の発表でこの大計画の全貌が明らかになった。ワード地区60エーカー(73,450坪)という広範囲なスペースに今後15年間をかけ75億ドルを投じ22棟のコンド(計4,300ユニット)、売、レストラン、エンターテイメント施設などが集中するいわゆる「アーバンビレッジ都会的「村」/コミュニティを開発する一大都市計画だこの計画に含まれたコンドミニアムに関してはビューが遮られることのない設計が計算されていたり、デベロッパーの細やかなこだわりが伺われる



その第一フェーズが2016年完成予定の「アナハ・1108 Auahiと、ワード・ビレッジ内でも最も注目を浴びるだとうと期待される、設計はあの世界的有名建築家ジェームス・チェンによるワイエア・1118 Ala Moana」だ。デザインやアメニティなど、ラグジュアリーに対する徹底した信念が伝わる。





住む、遊ぶ、学ぶ、働くをテーマに州も力を入れるカカアコ地区。ハワイの中心的都市になる時代がすぐそこまで来ているのではないか。

(写真:パシフィックビジネスニュースより)

カカアコ地区のニュープロジェクトなどカカアコ地区に住んで仕事をしているさとうあつこにお問い合わせください。

ブログを見てくださってありがとうございます!応援のクリックお願いいたします!

0 件のコメント: