2013年1月25日金曜日

2006年9月 スーツケース2つと夢と希望を持って単身NYからハワイに来ました

 
 
先日FBで中学校のときの友人に再会しました。現在、小児科のお医者様で不登校児の親子の心のケアもされているようです。日本に来ることがあったら私に講演して欲しいとのメッセージをいただきました。私が人様の前で講演なんておこがましいですが、私のちょっとのチャレンジがだれかの勇気になるといいな、と思います。
 
2006年9月に家族もお友達もいないハワイにNYから単身移住しました。右も左もわからず最初に借りたお部屋はバスの便が悪く、かねてから興味のあった不動産の学校に通うにも難しいことがわかって、まず引越しをしたり、完全コミッション制の不動産のお仕事はすぐに売れるわけでもないので、それまでいろいろなお仕事に就いたり(チャンスをくださったみなさまに感謝。アンテプリマ・ハワイ第一号店でストアマネージャーになって世界一のセールスを達成したり、DFS内にハワイ初上陸するマークBYマークジェイコブスにスーパーバイザーとしてヘッドハンティングしてもらって記録的なセールスを達成したり)、2009年10月からはフルタイムで大好きな不動産のお仕事をできるようになりました。(まさにフルタイム365日やっています!)おかげさまで、2011年・2012年はオアフ島TOP100に入りました。(日本人エージェントではTOP10)
 
何歳になっても、男でも女でも、どこに住んでいても、夢を持ってワクワクチャレンジしたいですね。
 
日本で生まれ育ち、30歳を過ぎてアメリカ移住しアメリカで教育を受けたことのない私がどこまでできるかチャレンジです。まだまだ課題がいっぱいです。前を走ってくださる大先輩方が私の勇気です。お客様からパワーをいただいています。
 

       
アップルの創設者、スティーブ・ジョブズの言葉

人生の時間は限られている。他人の人生を生きてこの限られた時間を無駄にしてはいけない。世間の常識などという罠にはまってはいけない。他人の意見という雑音に、自分の内なる声をかき消されないようにすることが重要だ。そしてもっとも重要なことは、自分の心と直感に従う勇気を持つことだ。心と直感は本当になりたい自分を知っている。それ以外のものなんてニの次だ。

少しくらいの失敗、すこしくらいの挫折で自信をうしなってはいけない。そしてまた、成功したからと満足してもいけない。常識に足もとをからめとられず、やりたいと心が叫ぶものに向かって自信をもって臨むべきだ。挫折から不死鳥のごとく甦るには、自分の信じるものに向かって、まわりがなんと言おうと挑み続けろ。

ハングリーであれ!愚かであれ!  


愚かであり続けたいと思います!いつも応援してくださったり、アドバイスをくださる皆様に感謝!

写真は昨日のジョギング中のアラモアナパークのサンセットとカカアコ地区のキラキラコンドとお月様。右手は「ナウルタワー」本日6:00~PHのオープンハウスです。
 


 

いつもブログを見てくださってありがとうございます!応援のクリックお願いいたします!

あつこのハワイ不動産
アロハストリート ブログランキング

0 件のコメント: